体育学刊
投稿指南 | 学术论坛 | 期刊数据 | 期刊全文 | 文章查询 | 下载专区 | 体育茶座   订户之窗 |  学术百家  |  体育网刊 |

2021年
第1期
2020年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2019年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2018年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2017年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2016年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2015年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2014年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2013年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2012年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2011年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2010年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2009年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2008年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2007年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
2006年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2005年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2004年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2003年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2002年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2001年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
: : 期刊全文 : :
未安装PDF浏览器的用户请下载
 
第9~11届全运会速滑比赛成绩的比较研究
陶玉晶,张强
浏览次数 1927  

(东北师范大学 体育学院,吉林 长春  130024)

摘      要:通过对第9~11届全运会速度滑冰比赛成绩的比较分析,探究我国速度滑冰各个项目运动成绩的发展规律。结果表明:短距离全能男女500 m和1 000 m项目的成绩成阶梯式提高,提高幅度明显。大全能男女500 m、男女1 500 m、女子3 000 m和女子5 000 m项目的整体成绩逐步提高,但提高幅度不够明显。大全能男子5 000 m、10 000 m项目的整体成绩下降,而且下降幅度明显;但是两个项目第1名的成绩都有明显提高。女子500 m是我国的绝对优势项目,男子500 m和女子1 000 m是次优势项目,其他项目为弱势项目,整体差距很大,而且有差距越来越大的趋势。建议在2010年冬奥会之后,要将训练和科研的重点转移到男女大全能项目上,以促进我国速度滑冰整体运动成绩的提高。
关  键  词:竞赛与训练;速度滑冰;全运会
中图分类号:G812.20    文献标识码:A    文章编号:1006-7116(2011)02-0112-05

Comparative study of speed skating competition results achieved in the 9th–11th National Games
TAO Yu-jing,ZHANG Qiang

(School of Physical Education,Northeast Normal University,Changchun 130024,China)

Abstract: By performing a comparative analysis on speed skating competition results achieved in the 9th–11th Na-tional Games, the author probed into the pattern of development of athletic results of various speed skating events in China, and revealed the following findings: the results of men’s and women’s 500m and 1,000 m (short distance) all round events were improved step by step at a significant speed; the overall results of men’s and women’s 500 m and 1,500 m and women’s 3,000 m and 5 000 m all round events were improved gradually but not significantly enough; the overall results of men’s 5,000 m and 10,000 m all round events were lowered, and at a significant speed, but the results of the winners of these two events were all improved significantly; women 500 m is an absolute advanta-geous event for China, men’s 500 m and women’s 1,000 m are secondary advantageous events for China, while other events are disadvantageous events for China, so the overall differences are great, and becoming greater and greater. The author proposed to shift the focus of training and scientific research to men’s and women’s all round events, so as to promote the overall improvement of athletic results of speed skating in China.
Key words: competition and training;speed skaiting;National Games of PRC


关闭窗口
你是第 20524664 位访问者
版权所有:体育学刊  粤网站备案号:粤ICP备17133455号  技术支持:网天科技
地址:广东广州石牌华南师范大学学报楼4楼         邮编:510631
编辑部电话:020-85211412  传真:020-85210269  邮箱:tyxk@scnu.edu.cn