体育学刊
投稿指南 | 期刊数据 | 期刊全文 | 文章查询 | 下载专区 | 体育茶座   订户之窗 |  学术百家  |  体育网刊 |

2024年
第1期 第2期 第3期
2023年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2022年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2021年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2020年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2019年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2018年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2017年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2016年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2015年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2014年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2013年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2012年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2011年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2010年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2009年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2008年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2007年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
2006年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2005年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2004年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2003年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2002年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2001年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
: : 期刊全文 : :
未安装PDF浏览器的用户请下载
 
第16届男篮世锦赛中国队与对手投篮方式与得分比较
张利超1,李国忠2
浏览次数 2656  

(1.仲恺农业工程学院 体育部,广东 广州  510225;2.华南理工大学 体育学院,广东 广州  510641)

摘      要:对第16届男篮世界锦标赛中国队与对手6场比赛中所有进攻投篮方式与得分进行研究,结果表明,中国队与对手主要投篮和得分方式大致相同,双方利用掩护制造投篮次数都不是很多,从投篮的合理性和出手的次数来看,中国队要弱于对手。快攻仍是中国队的薄弱环节,由于姚明的缺席,中国队内线的出手次数和得分明显减少,2分球命中率一直是困扰中国队的主要原因。
关  键  词:竞赛与训练;第16届男篮世锦赛;投篮方式;得分
中图分类号:G841    文献标识码:A    文章编号:1006-7116(2012)02-0116-04

A comparative analysis of the basket shooting manners and scores of team China and its opponents in the 16th FIBA World Championship
ZHANG Li-chao1,LI Guo-zhong2

(1.Department of Physical Education,Zhongkai University of Agriculture and Engineering,Guangzhou 510225,China;2.School of Physical Education,South China University of Technology,Guangzhou 510641,China)

Abstract: Having studied all the offensive basket shooting manners and scores of team China and its opponents in the 16th FIBA World Championship, the authors revealed the followings: the main basket shooting and scoring manners of team China and its opponents were rough identical; both sides did not have a lot of shoots made by cov-ering; in terms of basket shooting rationality and times, team China was weaker than its opponents; fast break was still a weak link for team China; due to the absence of YAO Ming, the shots and scores made inside the ring by team China decreased significantly; the 2-point shot scoring rate had been a major problem that bothered team China.
Key words: competition and training;16th FIBA world championship;basket shooting manner;score


关闭窗口
你是第 30091860 位访问者
版权所有:体育学刊  粤网站备案号:粤ICP备17133455号  技术支持:网天科技
地址:广东广州石牌华南师范大学学报楼4楼         邮编:510631
编辑部电话:020-85211412  传真:020-85210269  邮箱:tyxk@scnu.edu.cn