体育学刊
投稿指南 | 期刊数据 | 期刊全文 | 文章查询 | 下载专区 | 体育茶座   订户之窗 |  学术百家  |  体育网刊 |

2024年
第1期 第2期
2023年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2022年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2021年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2020年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2019年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2018年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2017年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2016年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2015年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2014年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2013年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2012年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2011年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2010年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2009年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2008年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
第10期 第11期 第12期
2007年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
第7期 第8期 第9期
2006年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2005年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2004年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2003年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2002年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
2001年
第1期 第2期 第3期
第4期 第5期 第6期
: : 期刊全文 : :
未安装PDF浏览器的用户请下载
 
VAR 的实施对中超联赛球员跑动与技术表现的影响
彭召方,袁玲,国伟 ,周长敬 ,龚炳南 ,刘鸿优
浏览次数 659  

(1.贵州医科大学 运动与健康学院,贵州 贵阳 5500252.北京体育大学,北京 100084; 3.华南师范大学 体育科学学院,广东 广州 510006)  

摘 要:为了探究 VAR 的实施对中超联赛球员跑动与技术表现的影响,采用广义混合线性模 型量化对比中超联赛实施 VAR 前后球员跑动相关指标与技术指标的差异。结果显示:(1)中超联 赛实施 VAR 后,球员高速跑动距离(前 vs 后:5 373±921 vs 5 554±919ES±90%CI0.23±0.12)、 高速跑动距离占比(5.00±0.76 vs 5.21±0.73ES±90%CI0.29±0.12)、高强度跑动距离占比(6.3±1.0  vs 6.5±1.0ES±90%CI0.23±0.12)出现可能的小程度上升,而低速跑动距离(87 071±3 249 vs 86 049±  2 924ES±90%CI0.29±0.13)和低速跑动距离占比(81.3±2.0 vs 81.0±2.0ES±90%CI0.23±0.13) 则出现可能的小程度下降;(2)中超联赛实施 VAR 后,球队的传球成功率(72.2±6.8 vs 73.1±6.8, ES±90%CI0.21±0.12)和向前传球成功率(65.5±7.6 vs 66.7±7.7ES±90%CI0.25±0.12)出现了可 能的小程度提升,而越位次数(2.2±1.7 vs 1.7±1.5ES±90%CI0.28±0.13)、争抢高空球次数(33±10  vs 31±9ES±90%CI0.35±0.13)、犯规次数(15.9±4.7 vs 14.6±4.2ES±90%CI0.32±0.13)则体现 出清晰的小程度下降。该研究可为 VAR 实施背景下中超球队备战与技战术制定提供参考和借鉴。 

关 键 竞赛与训练;视频助理裁判;技术表现;比赛跑动;中超联赛  

中图分类号:G843 文献标志码:文章编号:1006-7116(2022)02-0122-06

Influence of the implementation of VAR on the running and technical performance for soccer players in the Chinese Super League
PENG Zhaofang,YUAN Ling,GUO Wei,ZHOU Changjing,GONG Bingnan,LIU Hongyou

(1.Department of sport and HealthGuizhou Medical UniversityGuiyang 550000China; 2.Beijing Sport UniversityBeijing 100084China; 3.School of Physical EducationSouth China Normal UniversityGuangzhou 510006China)  

Abstract: Due to explore the influences of implementation with VAR on the running and technical performance for  soccer players in the Chinese Super League (CSL), the generalized mixed linear modelling was employed to  identify the mean difference in the physical and technical performance-related match parameters of soccer teams in  the seasons before the implementation of VAR in the CSL. Results showed that: (1) CSL teams achieved higher  values in HSRD (before vs after: 5 373±921 vs 5 554±919, 90%CI: 0.23±0.12), HSRDP (5.00±0.76 vs 5.21±0.73,  90%CI: 0.29±0.12) and HIRDP (6.3±1.0 vs 6.5±1.0, 90%CI: 0.23±0.12), but lower values in LSRD (87 071±3 249  vs 86 049±2 924, 90%CI: 0.29±0.13) and LSRDP (81.3±2.0 vs 81.0±2.0, 90%CI: 0.23±0.13) in matches after the  implementation of VAR; (2) Teams increased their pass accuracy (72.2±6.8 vs 73.1±6.8, 90%CI: 0.21±0.12) and  forward pass accuracy (65.5±7.6 vs 66.7±7.7, 90%CI: 0.25±0.12), but decreased off sides (2.2±1.7 vs 1.7±1.5,  90%CI: 0.28±0.13), aloft challenge (33±10 vs 31±9, 90%CI: 0.35±0.13) and fouls (15.9±4.7 vs 14.6±4.2, 90%CI:  0.32±0.13) in matches after the implementation of VAR. The present study can supply references and experiences  for teams in CSL to prepare games and make tactics under the implementation of VAR. 

Keywords: competition and trainingvideo assistant refereetechnical performancerunning distanceChinese Super League


关闭窗口
你是第 29235998 位访问者
版权所有:体育学刊  粤网站备案号:粤ICP备17133455号  技术支持:网天科技
地址:广东广州石牌华南师范大学学报楼4楼         邮编:510631
编辑部电话:020-85211412  传真:020-85210269  邮箱:tyxk@scnu.edu.cn